サイト内検索
文字サイズ
色合い
Menu

地域福祉活動団体支援事業

地域福祉活動団体支援事業について

本事業は、大田区内において地域福祉活動を行う団体と社協が連携協働して、大田区において地域共生社会の実現に向けた活動を、安定的かつ持続的に推進することを旨とします。また、共同募金配分金を原資とし、地域住民が本事業の成果を通じて、共同募金活動への理解と共感を高めていくことができるよう取り組みます。

*チラシをご覧になりたい時はチラシをクリックしてください。

対象となる団体

福祉サービスを必要とする地域住民の地域生活課題の解決に向けて、原則として年間を通じて活動しており、かつ、次の各号についてすべて満たす団体を対象とします。 

  1. 規程、要綱及び社協が定める他の規程等を遵守することに同意していること。
  2. 東京都暴力団排除条例(平成23年都条例第54号)に規定する暴力団と関係がある団体又はそのおそれがある団体ではないこと。
  3. 個人情報に関する部分を除き、社協への照会等に対して活動団体として情報開示することに同意していること。

対象とならない団体

  1. 社協から、本事業に申請した内容で、別に助成金を受けているとき。
  2. 本事業に申請した内容が、政治、宗教又は営利を目的としているとき。
  3. 主たる活動者が1名であるとき。
  4. 前各号のほか、本事業の趣旨に合致しないと認められるとき。

申請受付期間

令和3年3月15日(月)~ 4月23日(金) 土日祝日を除く 9:00~17:00

※「つどいの場」保険を4月からの適用を希望する団体は3月末(必着)までに申請書類をご提出ください。

※「つどいの場」運営支援事業は随時申請受付しております。申請時期によって適用期間が異なりますので、詳細は募集案内をご確認ください。

注)今年度は郵送での申請を受け付けております。但し新規申請団体に関しては必ず電話で事前予約のうえ、窓口で申請して下さい。

助成の種類および助成金額等

種  類①通年事業助成②イベント助成③トライアル助成「つどいの場」助成金「つどいの場」保険

助成目的

年間を通じて行う地域福祉活動にかかる経費を助成する。

地域福祉の推進を目的として開催するイベントの経費を助成する。

地域福祉の推進を目的に新たに活動を立ち上げる際の経費を助成する。

身近な場所で継続的に行う住民主体の「つどいの場」活動にかかる経費を助成する。身近な場所で継続的に行う住民主体の「つどいの場」活動を安全に実施できるよう支援する。

助成対象

任意団体

任意団体及び公益的団体並びにこれらの団体で組織する実行委員会

任意団体

任意団体任意団体及び公益的団体並びにこれらの団体で組織する実行委員会

助成条件

次の各号をすべて満たすこと。
①申請前に3か月以上区民を対象とした地域福祉活動を行った実績がある。
②広く区民を対象としており原則として区内で実施されている。

広く区民を対象とし、原則として区内で実施すること。

次の各号をすべて満たすこと。
①助成申請年度に新しく開始する事業である。
②広く区民を対象としており原則として区内で実施されている。
③翌年度以降も継続の意向がある。

次の各号をすべて満たすこと。

①申請前に3か月以上区民を対象とした「つどいの場」活動を行った実績がある。
②広く区民を対象とし、区内で実施されている。
③概ね月1回以上開催し、5名を超える区民が参加している。

次の各号をすべて満たすこと。

①広く区民を対象とし、区内で実施されている。
②概ね月1回以上開催し、5名を超える区民が参加している。
※「つどいの場」保険のみの申請の場合は申請前の実績は不要です。

助成金額

年間10万円以内かつ1回に限る

年間10万円以内かつ1回に限る

年間20万円以内かつ1回に限る

・月3回までの活動…年間3万円以内
・月4回以上の活動…年間5万円以内
【適用期間】
申請月から年度末まで
併せて助成金も申請希望の場合は「つどいの場」助成金も申請下さい。

【適用期間】
15日までに申請した場合、翌月1日から適用

16日以降に申請した場合翌々月1日から適用
その他同一年度内において申請できる助成は一種類とする。同一年度内において申請できる助成は一種類とする。同一年度内において申請できる助成は一種類とする。「つどいの場」保険とのみ併用可能。


「つどいの場」助成金とのみ併用可能。

※①②助成金額は、当該申請団体の前年度の決算書における支出金額(翌年度への繰越金や他団体への寄附を除く)又は10万円の少ない額とし、千円未満を切り捨てる。また、当該申請年度に事業を拡大するときは、支出金額に150/100を乗じて得た額又は10万円のいずれか少ない額を助成金額(千円未満を切り捨て)とする。
※決定金額については、審査の結果により申請金額と異なる場合があります。
※状況によっては二次募集を実施する可能性があります。

対象となる経費

会場費

会議室、講演会場等の使用料

消耗品費

食材、文具、用紙代等

通信運搬費

切手、郵送料等

印刷費

チラシ、資料等の印刷、コピー代等

謝礼

講師謝礼等

その他事業実施に必要な経費

行事保険料、交通費・広報費等

オンライン活動費Web会議ツール使用料(月額2,200円以内)

対象とならない経費

(1) 飲食、接待、寸志若しくは土産等の儀礼的又は交際費的経費

(2) 家賃、電話料及び水道光熱費等団体を維持するために必要な経費

(3) 申請団体の活動に従事する構成員及び協力者等に支給する賃金

(4) 特定の個人に帰属する経費 

(5) 助成金の使途を明確にできない経費

(6) 助成金審査委員会において、助成の対象と認められない経費

申請書類 

【①通年事業助成】【②イベント助成】】【③トライアル助成】

① 地域福祉活動団体支援事業助成金申請書(第1号様式)

② 助成申請事業のあらまし(第2号様式)

③ 助成申請事業に関する収入支出予算(見込)書(第3号様式)

④ 予算経費内訳書及び見積書等説明書類

⑤ 申請団体の前年度決算書及び事業報告書又はこれに類する報告書

⑥ 申請団体の事業予算書及び事業計画書又はこれに類する企画書等

 ※①~③の申請書は、窓口、又は、上記よりダウンロードして下さい。
 ※④~⑥は書式の指定はありません。
 ※その他、事業内容確認のための書類をいただく場合がございます。

【「つどいの場」活動助成】【「つどいの場」保険】

①「つどいの場」活動団体登録申請書(第1号様式)

②活動計画書(第2号様式)

名簿(氏名・住所・電話番号の記載されたもの)

④変更届(第3号様式)*変更があった場合のみ提出

⑤「つどいの場」活動助成金申請書(第5号様式)*助成金申請団体のみ提出

⑥「つどいの場」活動報告書(第4号様式)*3か月毎にご提出いただきます。


助成金Q&A

助成金Q&A/よくある質問

スケジュール

令和3年4月申請受付期間(3月15日~4月23日)
    6月審査会開催(中旬予定)、助成金交付決定通知送付、請求書提出
    7月助成金振込(上旬予定)
翌年  3月報告書提出

お問合せ

おおた地域共生ボランティアセンター(地域共生担当)

大田社協の事業案内

社協会員募集

社協活動にご協力ください!

地域貢献型の自販機!

1㎡から始められる地域貢献です。

サロン・居場所 検索

仲間や集える場所を見つけよう!

社協マップ

ふれあい・いきいきサロン、住民交流拠点(居場所)、車いすステーション 等